このサイトについて

WEBシステム開発を通してシステムサポートとサービスを提供する株式会社フォーサイト・システムズです。総務省から公開されている公共クラウドのオープンデータを活用して観光情報を収集し発信しています。:女性のアイコン

総務省から提供されている全国の観光情報のオープンデータ(公共クラウドシステム)を利用して公開しているサイトです。

観光情報のオープンデータはWEB APIという技術を介して取得することが可能となっています。

当サイトではその情報を一旦データベースに取り込んでキーワードや都道府県、ジャンルといったカテゴリーから検索して参照できるようにしました。

サイトの運営管理は株式会社フォーサイト・システムズで行っていますが、観光情報については全国の各市町村から提供された情報となっているようですのでご理解の上で参照してください。

都道府県から観光情報を調べる

お目当ての都道府県をクリックしてください。

ジャンルから観光情報を調べる

お目当てのジャンルをクリックしてください。

山岳 高原 湖沼 河川景観 海岸景観 海中公園 その他(特殊地形) 自然現象 町並み 郷土景観 展望施設 公園 庭園 動物 植物 城郭 旧街道 史跡 歴史的建造物 近代的建造物 博物館 美術館 動・植物園 水族館 産業観光施設 道の駅(見る) 神社・仏閣等 地域風俗 アニメ・音楽舞台 映画・ドラマロケ地 その他(名所) 行事・祭事 花見 花火大会 郷土芸能 その他(イベント) センター施設 道の駅(遊ぶ) スポーツ・リゾート施設 サイクリングセンター キャンプ場 フィールド・アスレチック フィールド・アーチェリー場 スケート場 スキー場 マリーナ・ヨットハーバー サイクリングコース ハイキングコース 自然歩道・自然研究路 オリエンテーリング・パーマネントコース 海水浴場 観光農林業(体験含む) 観光牧場(体験含む) 観光漁業(体験含む) テーマパーク・レジャーランド 温泉 その他(遊ぶ) ショッピング店 伝統工芸技術 その他(買う) 郷土料理店 その他(食べる) 観光タクシー・ハイヤー・レンタカー ケーブルカー・ロープウェイ レンタサイクル 遊覧船 遊覧飛行機 観光列車 観光周遊バス その他(乗り物) 旅館 シティホテル ビジネスホテル リゾートホテル その他(ホテル) 民宿 ペンション その他(泊まる) その他(その他)

キーワードで観光情報を調べる

キーワードを入れて検索ボタンをクリックしてください。

観光情報

大垣城

(おおがきじょう)
503-0887
岐阜県 (ぎふけん) 大垣市 (おおがきし) 郭町2-52 (くるわまち)
ジャンル[大]:見る ジャンル[中]:文化史跡 ジャンル[小]:城郭
 大垣城は美濃守護・土岐一族の宮川吉左衛門尉安定により、天文4年(1535)に創建されたと伝えられています。関ケ原の戦いでは、西軍・石田三成の本拠地となりました。その後、戸田氏が十万石の城主となり明治まで太平の世が続きました。昭和11年(1936)に国宝に指定されましたが、昭和20年(1945)7月戦災で焼失。昭和34年(1959)4月、4層4階の天守を再建し、名実ともに城下町大垣のシンボルとなりました。
情報提供:岐阜県大垣市
(市区町村コード:21202)
最終更新日:2015-03-25 17:00:03

津軽氏城跡 堀越城跡

(つがるししろあと ほりこしじょうあと)
青森県 (あおもりけん) 弘前市 (ひろさきし) 大字堀越
ジャンル[大]:見る ジャンル[中]:文化史跡 ジャンル[小]:城郭
津軽氏は、系図では光信を始祖とし藤原秀郷を遠祖としています。しかし、諸史料からみると、南部氏の一族であったようです。はじめ種里(西津軽郡鯵ヶ沢町内)に住し、のち大浦(弘前市内)に移り大浦氏を名乗りました。そして、光信から五代後の為信が大浦城を本拠として津軽から南部氏の勢力を一掃し近世大名として津軽氏と称するようになったものです。元亀2年(1571年)、その口火を切る南部氏郡代の居城石川城攻略の前線基地となったのが、堀越城です。 堀越城の歴史は、南北朝時代の建武3年(1336年)北朝方の武将曽我貞光が堀越に楯を築いたことに始まります。草創時の規模やその後の変遷は不明ですが、為信の実父という武田甚三郎守信の居城となり、更に為信が領知することになったといわれています。 天正18年(1590年)、豊臣秀吉に拝謁して津軽の領有を認められた為信は、文禄3年(1594年)本拠を大浦城から堀越城に移し、あわせて家中諸士、神社仏閣、商家なども堀越へ移住させました。これは、政治及び経済面での領内支配強化のためといわれています。しかし、家臣の反乱で本丸が陥落するなど、軍事面からみると堅固な城ではなかったようです。 このため為信は新城の建設を計画し、二代藩主信枚が慶長16年(1611年)高岡(弘前)に居城を移し、津軽氏の本城としての堀越城の役割は終わりました。 堀越城は平城である。その規模を示す当時の史料はほとんどありません。しかし現在でも本丸の土居や堀跡はよく残り、当地方の城郭の変遷を知る貴重な遺構であるとともに、津軽氏の発展過程を示すものとして重要です。
情報提供:青森県弘前市
(市区町村コード:02202)
最終更新日:2017-01-21 13:48:22

弘前城(本丸・北の郭)

(ひろさきじょう(ほんまる・きたのくるわ))
036-8356
青森県 (あおもりけん) 弘前市 (ひろさきし) 下白銀町1-1
ジャンル[大]:見る ジャンル[中]:文化史跡 ジャンル[小]:城郭
情報提供:青森県弘前市
(市区町村コード:02202)
最終更新日:2017-01-20 10:58:14

国史跡聖寿寺館跡

(くにしせきしょうじゅじたてあと)
039-0104
青森県 (あおもりけん) 三戸郡南部町 (さんのへぐんなんぶちょう) 大字小向字舘 (おおあざこむかいあざたて)
ジャンル[大]:見る ジャンル[中]:文化史跡 ジャンル[小]:城郭
東北を代表する中世武士団、三戸南部氏の室町時代から戦国時代にかけての本拠地。平成16年9月30日に国指定。北から三光寺地区、聖寿寺館跡本体地区、本三戸八幡宮地区の3地区から構成されている。
情報提供:青森県三戸郡南部町
(市区町村コード:02445)
最終更新日:2015-01-21 08:50:06

安中城址

(あんなかじょうし)
379-0116
群馬県 (ぐんまけん) 安中市 (あんなかし) 安中 (あんなか)
ジャンル[大]:見る ジャンル[中]:文化史跡 ジャンル[小]:城郭
WEBシステム開発を通してシステムサポートとサービスを提供する株式会社フォーサイト・システムズです。総務省から公開されている公共クラウドのオープンデータを活用して観光情報を収集し発信しています。:画像なし
情報提供:群馬県安中市
(市区町村コード:10211)
最終更新日:2015-02-25 15:13:50

松井田城址

(まついだじょうし)
379-0221
群馬県 (ぐんまけん) 安中市 (あんなかし) 松井田町新堀 (まついだまちにいぼり)
ジャンル[大]:見る ジャンル[中]:文化史跡 ジャンル[小]:城郭
WEBシステム開発を通してシステムサポートとサービスを提供する株式会社フォーサイト・システムズです。総務省から公開されている公共クラウドのオープンデータを活用して観光情報を収集し発信しています。:画像なし
情報提供:群馬県安中市
(市区町村コード:10211)
最終更新日:2015-02-25 15:13:50

川越城本丸御殿

(かわごえじょうほんまるごてん)
350-0053
埼玉県 (さいたまけん) 川越市 (かわごえし) 郭町2-13-1
ジャンル[大]:見る ジャンル[中]:文化史跡 ジャンル[小]:城郭
川越城は1457年に、扇谷上杉持朝(おおぎがやつうえすぎもちとも)が、太田道真・道灌父子に命じて築城させました。現在、埼玉県指定文化財となっている「川越城本丸御殿」は、1848年に時の川越藩主松平斉典が造営したもので、玄関・広間部分が当時の面影を残しています。ほかに富士見櫓跡や土塁・空堀が往時を物語っています。
情報提供:埼玉県川越市
(市区町村コード:11201)
最終更新日:2015-04-03 14:20:43

戌山城址

(いぬやまじょうし)
福井県 (ふくいけん) 大野市 (おおのし)
ジャンル[大]:見る ジャンル[中]:文化史跡 ジャンル[小]:城郭
WEBシステム開発を通してシステムサポートとサービスを提供する株式会社フォーサイト・システムズです。総務省から公開されている公共クラウドのオープンデータを活用して観光情報を収集し発信しています。:画像なし
情報提供:福井県大野市
(市区町村コード:18205)
最終更新日:2017-06-27 15:18:47

越前大野城

(えちぜんおおのじょう)
912-0087
福井県 (ふくいけん) 大野市 (おおのし) 城町3-109 (しろまち)
ジャンル[大]:見る ジャンル[中]:文化史跡 ジャンル[小]:城郭
越前大野城は、大野市北西部に位置する大野盆地にある標高約249mの亀山に築かれた平山城です。 安土城が築城された前年、天正3年 (1575) 頃、織田信長より大野郡の3分の2を与えられた金森長近により、5年の歳月をかけて築城されました。 土台となる石垣は、自然石をそのまま積み上げた野面積み(のづらづみ)という工法で作られています。 現在の天守は、昭和43年に絵図や同時代の城を参考に再建されたもので、内部には歴代城主の遺品が数多く展示されています。
情報提供:福井県大野市
(市区町村コード:18205)
最終更新日:2017-06-27 15:18:31

丸岡城

(まるおかじょう)
910-0231
福井県 (ふくいけん) 坂井市 (さかいし) 丸岡町霞町1-59
ジャンル[大]:見る ジャンル[中]:文化史跡 ジャンル[小]:城郭
WEBシステム開発を通してシステムサポートとサービスを提供する株式会社フォーサイト・システムズです。総務省から公開されている公共クラウドのオープンデータを活用して観光情報を収集し発信しています。:画像なし
情報提供:福井県坂井市
(市区町村コード:18210)
最終更新日:2017-06-27 10:32:33

勝山城博物館

(かつやまじょうはくぶつかん)
911-0822
福井県 (ふくいけん) 勝山市 (かつやまし) 平泉寺町平泉寺85-26-1
ジャンル[大]:見る ジャンル[中]:文化史跡 ジャンル[小]:城郭
勝山城博物館は5層6階からなる天守閣を持つ歴史博物館です。石垣から鯱までが57.8mと日本一の高さを誇ります。各地の大名武具や合戦図屏風のほか、清代中国刺繍や郷土の書家西脇呉石関連の作品を収集・展示しています。最上階からは国史跡の白山平泉寺旧境内や勝山市街を一望できます。
情報提供:福井県勝山市
(市区町村コード:18206)
最終更新日:2015-06-19 17:00:08

国宝松本城

(こくほうまつもとじょう)
390-0873
長野県 (ながのけん) 松本市 (まつもとし) 丸の内4番1号
ジャンル[大]:見る ジャンル[中]:文化史跡 ジャンル[小]:城郭
WEBシステム開発を通してシステムサポートとサービスを提供する株式会社フォーサイト・システムズです。総務省から公開されている公共クラウドのオープンデータを活用して観光情報を収集し発信しています。:画像なし
現存する五重六階では日本最古の城です。400年の風雪に耐え、戦国時代の優れた築城技術を今に伝えます。 日本アルプスまでをも借景にした威風堂々とした姿が、絶妙の調和を生み出しています。
情報提供:長野県松本市
(市区町村コード:20202)
最終更新日:2015-08-04 13:12:22

岐阜城

(ぎふじょう)
500-0000
岐阜県 (ぎふけん) 岐阜市 (ぎふし) 金華山天守閣18 (きんかざんてんしゅかく18)
ジャンル[大]:見る ジャンル[中]:文化史跡 ジャンル[小]:城郭
WEBシステム開発を通してシステムサポートとサービスを提供する株式会社フォーサイト・システムズです。総務省から公開されている公共クラウドのオープンデータを活用して観光情報を収集し発信しています。:画像なし
鎌倉時代初期の創建という。室町時代は稲葉山城と称し、美濃守護土岐氏の家老斎藤氏の居城。天文年間に斎藤道三が入城して修築、井ノ口城とも称した。義龍・龍興とつづくが永禄10年(1567)織田信長が攻略、尾張小牧山城から本拠を移し岐阜城と称す。天正4年(1576)信長は安土に移り、以後、信忠・信孝、池田元助・輝政、豊臣秀勝、織田秀信とつづき、慶長6年(1601)廃城となる。現在は米蔵跡・太鼓櫓跡・二ノ丸門跡の石垣が残り、また現在の天守閣は昭和31年の再建で、内部は郷土資料館、最上階は展望館となっている。
情報提供:岐阜県岐阜市
(市区町村コード:21201)
最終更新日:2015-03-31 16:59:05

大垣城

(おおがきじょう)
503-0887
岐阜県 (ぎふけん) 大垣市 (おおがきし) 郭町2-52 (くるわまち)
ジャンル[大]:見る ジャンル[中]:文化史跡 ジャンル[小]:城郭
 大垣城は美濃守護・土岐一族の宮川吉左衛門尉安定により、天文4年(1535)に創建されたと伝えられています。関ケ原の戦いでは、西軍・石田三成の本拠地となりました。その後、戸田氏が十万石の城主となり明治まで太平の世が続きました。昭和11年(1936)に国宝に指定されましたが、昭和20年(1945)7月戦災で焼失。昭和34年(1959)4月、4層4階の天守を再建し、名実ともに城下町大垣のシンボルとなりました。
情報提供:岐阜県大垣市
(市区町村コード:21202)
最終更新日:2015-03-25 17:00:03

郡上八幡城

(ぐじょうはちまんじょう)
501-4214
岐阜県 (ぎふけん) 郡上市 (ぐじょうし) 八幡町柳町一の平 (はちまんちょうやなぎまちいちのひら)
ジャンル[大]:見る ジャンル[中]:文化史跡 ジャンル[小]:城郭
戦国時代末期永禄2年(1559)、初代城主の遠藤盛数によって砦が築かれたのが郡上八幡城のはじまりです。その後稲葉貞通、遠藤慶隆の興亡を経て大普請され、寛文7年(1667)6代城主遠藤常友の修復によって、幕府から城郭として格上げされました。のちに井上、金森と相次いで入部。宝暦5年大規模な農民一揆がおこり、12代城主金森頼錦は、お家断絶に追い込まれるというわが国歴史上、最も壮絶な一揆が展開されました。金森氏に代わって宝暦9年に丹後の宮津から転封した青山幸道は城下の殿町に居館を築き、旧二の丸は本丸、旧本丸は桜の丸、松の丸に改められました。明治4年廃藩置県とともに廃城となった城は翌年から石垣を残して取り壊されました。現在の城郭一帯の石垣すべてが県の史跡に指定され、天守閣は市の有形文化財に指定されています。現在の天守閣は昭和8年再建の日本最古の木造天守。 城下町が一望できる山城では、四季折々の自然を感じることもでき散策にも人気です。 郡上の紅葉の名所として11月にはもみじまつりが開催されます。
情報提供:岐阜県郡上市
(市区町村コード:21219)
最終更新日:2015-03-10 09:21:11
123>>
3 ページ中の 1 ページ目です。
全 38 件のうち 1 件目から 15 件目までの 15 件を表示しています。

Amazonから『日本 観光』で検索してみました。

クトゥルフ神話 TRPG (ログインテーブルトークRPGシリーズ)

単行本
¥ 6,264

東京ディズニーリゾート クロニクル35年史 (My Tokyo Disney Resort)

単行本(ソフトカバー)
¥ 2,700

世界のディズニーパーク絵地図 夢の国をつくるための地図と原画

単行本
¥ 3,780

ポケット版 台湾グルメ350品! 食べ歩き事典 (双葉文庫)

Kindle版
※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
近場の海外旅行先として人気トップを走る台湾。旅の楽しみのひとつが、朝粥、小籠包、魯肉飯、マンゴーかき氷…など、台湾グルメの食べ歩き。本書では、台湾の食べものをジャンル別に、写真とキャプションで図鑑や百科事典のように、わかりやすく紹介。お店での注文の仕方や食べ方、素材や料理法、その発祥の物語、さらに美味しい店の情報なども掲載。旅の予習&復習から、現地で持ち歩くサブガイドとして実用性の高い1冊。初心者からリピーターまで、大満腹まちがいなし!

旅と鉄道 2018年増刊7月号 青春18きっぷの旅 2018

雑誌
¥ 880

会話もメールも 英語は3語で伝わります

単行本(ソフトカバー)
¥ 1,620

熱海の奇跡

単行本
¥ 1,512

熱海の奇跡―いかにして活気を取り戻したのか

Kindle版
大前研一氏、木下斉氏推薦!

「衰退した観光地」の代名詞となっていた熱海はなぜ再生できたのか
Uターンしゼロから街の再生に取り組んだ著者を通して見えてくる、人口減少時代の魅力ある地域づくりのあり方。

◆推薦の言葉
大前研一
「単年度予算で動く行政を民間が補完して町の魅力作りを長期的に推進する格好のモデル。著者が代表を務め、熱海を活性化しているNPO法人atamistaの実績から多くのヒントが得られる」

木下 斉
「この本は地元に戻り、仲間と小さな事業を立ち上げ、成長させることが、まちの再生に繋がることを教えてくれる。読み終えたら、多くの人が挑戦したくてウズウズするだろう刺激に満ちた一冊だ」

◆著者の言葉
この本では、熱海で私たちが培った経験を、可能な限りお話ししました。
ビジネスの手法でまちづくりをすることは、熱海だけに使えるやり方というのではなく、日本全国どこの地域でも使えると思うのです。
なぜなら、かつての熱海の衰退は、日本全国の地方の衰退と同じ構造で起こったからです。(プロローグより)

【主な内容】
プロローグ ビジネスによる〝まちづくり〟があなたの街を再生する

第1章 廃墟のようになった熱海

第2章 民間からのまちづくりで熱海を再生しよう

第3章 まちづくりは「街のファンをつくること」から

第4章 街を再生するリノベーションまちづくり

第5章 一つのプロジェクトで変化は起き始める

第6章 街のファンはビジネスからも生まれる

第7章 事業が次々と生まれ育つ環境をつくる

第8章 ビジョンを描き「街」を変える

第9章 多様なプレイヤーがこれからの熱海をつくる

エピローグ 都市国家のように互いに繁栄を

全国通訳案内士試験「地理・歴史・一般常識・実務」直前対策 ([テキスト])

単行本
¥ 2,592

BRUTUS特別編集 増補版 台湾

Kindle版
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※本ムックはカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます

台湾観光局 貢献賞受賞!

2017年7月15日発売の台湾特集は完売書店が続出するほど大きな反響をいただきました。
本ムックは本誌の特集をベースに新規取材20ページを加え、増補改訂版としてボリュームアップ!

観光、ご当地グルメ、ショッピング…。男女ともに楽しめる情報が満載です。
他誌が取り上げていない話題のエリア、ローカル情報もたくさん集めました。

お店の情報や地図をスマホに取り込める、便利なQRコードは、大好評につきアップデート。Google Map連動なので、現地でも迷わず移動できます。

東京から約3時間半、時差1時間というお手軽さも手伝って大人気の台湾。
思い立ったら、いざ出発!

目次
墾丁 大自然が広がる国家公園エリアに南国リゾートと古き良き台湾が混在
太魯閣・花蓮 台湾有数の絶景スポットで圧倒的な自然の驚異を体感する。

101 THINGS TO DO IN 台湾
台湾で見る、買う、食べる、101のこと。

台湾の最新情報から定番まで、
カルチャー、ショップ、フードをめぐる101のコラム

台北
3ヶ月待ちのプライベートキッチン。/新旧台湾グルメ食べ比べ。/台湾オタクカルチャー。
個性派ホテル新着情報。/手ぶらでグランピング。/台北に来たら男を磨け。
台北ストリート。etc.

台中
日本人建築家の作品詣で。/「第二市場」のB級グルメ。/新名物の激ウマ! サンドイッチ。
豪華モーテルに宿泊。/百貨店のトイレが遊びすぎ。/レア酒を求め、蔵へ。etc.

台東
離島に来たら絶景温泉。/台湾屈指の駅弁を求めて。/原住民の文化を体験!
ようこそ波乗り天国へ。/20種類の摘みたて野菜を食す。/台湾式足裏マッサージ発送の地。etc.

台南・高雄
マンゴーの故郷、玉井へ!/「民宿」カルチャーを体験。/半日で攻略する高雄。
注目エリア信義街を巡る。/謎のおやつ「碗グィ」。/タクシー運転手の薦める台南小吃。

日本の友達が遊びに来たとき、連れていきたいローカルスポットはどこですか?

台湾で見る、買う、食べる詳細マップ。

見る、買う、食べるの便利帳。